関西でゴルフ

日本に至るところにゴルフクラブがありますが、この関西ゴルフの大きな特徴はヨーロッパの宮殿をモチーフとしていることにあり、そうしたモチーフで建設されたクラブハウスやゴルフコースは利用客のプレーをより楽しませることができたり、特別感を持って頂くことができるようになっています。

その他にもレストランやサロンそして特別室なども洋風式になっています。この関西ゴルフのもう一つの特徴は、関西を代表する企業のための法人会員専用ゴルフ場としていることにあります。1990年12月からゴルフ運営をしていて、2011年9月からは預託金制から株式会員制へと移行していますので資産価値が高くなっています。

この会員制のゴルフのことを一般的にはゴルフ会員権と呼ばれています。預託金制は、施設利用権として預託金保証金及び入会金を支払うことによって会員権を取得できる仕組みになっていますので、一ゴルフのプレーヤーとしての権利をただ単に所有するだけのものとなります。つまり、経営に関する権利は一切発生しないということになります。

一方で株式会員制は、その名前通りにゴルフ場の株式を購入してそこの会員になることを意味します。通常のゴルフのプレー権だけではなく、株主として経営に参加することができたり残余財産分配請求権などの権利も取得できます。こうした関西ゴルフが株式会員制になったことでより資産価値が生まれていますので、所有しておくだけでもメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *