関西ゴルフ連盟とは何か

関西ゴルフ連盟とは国内の一般社団法人で、正式名称は一般社団法人関西ゴルフ連盟です。

略称はKGUと呼ばれており、1926年に創業しています。関西エリアにおけるゴルフの活動を発展させ、伝統を守りながら国民スポーツとしてのゴルフの振興や技術を向上させていくのが法人の目的です。加盟した倶楽部には寄与をし、会員同士の交流をサポートする役割もあります。組織の構図は関西ゴルフ連盟をトップにしているものの、加盟している倶楽部が対等な存在です。その下に理事会と委員会が続き、総務委員会にグリーン委員会、競技委員会にジュニア育成委員会、そしてゴルフ振興委員会によって成り立っています。

加盟した倶楽部はあくまで対等な外部の組織であるため、委員会との関係がないところが特徴的です。関西ゴルフ連盟の活動は公式ホームページで詳細が分かります。主催をしている大会をはじめ、規則改正の説明会も行っています。また関西地区で連盟に加わったクラブであればゴルフ振興協力金の補助を受ける事は珍しくないです。

実際にネットにあるゴルフスクールでは連盟のサポートによる体験レッスンをアピールしているのが確認されています。最近の活動はこれといって目立つものはなく、無事に2018年5月の選手権も開催されて順調です。選手権は数多くのプレイヤーが集まり、中には外国人の名前があります。ちなみに優勝者は福岡県出身の時松隆光で、師匠は篠塚武久だそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *