関西ゴルフの特徴について

関西ゴルフは、クラブハウスが豪華な接待コースで、コースも広く短めなものが多く、アップダウンもなく接待向きです。

林間コースは、高低差がほとんどなく地形に大小10個の池がアクセントを付けていて、8ホールに池が絡み、特にアウトは4番と8番のショートが池越えになっています。インは16番から18番まで左右どちらかが池になっていて、飛ばし屋におすすめなのは7番のゆるやかな打ち下ろしや打ち上げの真っ直ぐなリングコース、13番のボールの落としどころがやや狭くなっていますが、まっすぐなロングでお勧めです。

17番のショートは距離があり左右が池で、グリーンの手前にはバンカーのある難しいコースになっています。関西ゴルフへのアクセス方法は、車の場合には中国自動車道ICより4kmあり、出口を降りたら信号を左折します。県道17号に入り吉川中学校を過ぎて、農協と町役場の前の信号を左折し、道なりにそのまま進み高速道路をくぐったら次の信号で右折するコースです。

電車の場合にはJR宝塚線の三田駅か新三田駅よりタクシーで20分程になり、料金にすると4、000円程度になります。クラブハウスのバスも無いので、駅から数人で関西ゴルフに行く予定なら時間を合わせて乗り合わせすることをお勧めします。レンタルクラブやシューズに関しては、一度連絡して借りられるかどうか確認すると良いです。お風呂やレストランがありますので休憩やゴルフ後に利用してリフレッシュすることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *