夜行バスで周りの音を気にせず眠るときに使いたいモノ

夜行バスを使うとき、翌朝目が覚めたら目的地についているのだから車内ではしっかりと眠っておきたいと考える人は多いです。

でも、慣れないバスの座席で、しかも一人で利用すれば多くの場合隣の日とは初対面の赤の他人ですから、リラックスして眠れる方がむしろ不思議なくらいです。夜行バスの中で仲間同士で大騒ぎするのはさすがに言語道断ですが、眠ろうとした時に周りの普通の話し声やいびきの音なども結構気になって睡眠の妨げになるものです。

そんな時に活用したいのが耳栓です。耳栓にもいろいろなタイプがありますが、あまりハードできっちりとしたタイプのものだと、普段使っていない分耳に異物感があって気になって帰って眠れなくなってしまう事も考えられます。夜行バスで周りの音を気にならない程度のトーンダウンさせるなら、音を完全に遮断しないソフトタイプの耳栓を使うのがおすすめです。このタイプの耳栓を使用すれば小さな音や遠くの声などは全く気にならなくなるけれど、例えばすぐそばで話しかけられた言葉は聞き取れる程度に耳から入る音をコントロールすることができます。

夜行バスは途中の休憩停車などをアナウンスしてくれるため、音を全く遮断してしまうとそうした案内も聞き漏らしてしまう可能性もあります。このタイプの耳栓はドラッグストアなどで探すと500円程度で購入できます。見た目の印象はほとんど変わらないようなものなら100円均一でも見つけられますが、機能面ではやはり劣る事が多いようなので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *