東京では高速バスの乗り場がターミナル駅にあります

高速バスを利用するには手順があります。

まずはチケットの予約から始まり、チケット代金の支払いをします。チケットを受け取ったら当日に乗車場所へ行き、チケットを提示して指定の座席に乗り込みます。目的地に到着したら降りて終了です。帰りも高速バスを利用するならば、前もって座席を予約してチケット代金を支払う必要があります。東京は高速バスの発着所が多くあります。ターミナル駅周辺には乗り場があり、少し離れた場所にも乗り場が設定されています。

大きな駅である新宿駅や東京駅や池袋駅などが代表的ですが、それだけではなく他にもいくつかの駅に乗り場があります。東京からはさまざまな地域に高速バスが運行する路線があります。チケットの購入の仕方を詳しく見ていきます。チケットの購入はバス会社の窓口でも行えますが、インターネットを利用すると便利です。目的地と到着地と日付を入力すれば、詳細が表示されます。複数の運行会社の情報がまとめられているサイトもあり、運行会社によって価格や出発時間が異なります。

バスの中でも場所と席のグレードによって価格は異なり、一人で座れリクライニング機能を持つキャプテンシートは快適さを優先するために割高になっています。安く抑えたい場合はベンチシートなどを選ぶことをお勧めします。ネット上で仮予約が済んだらコンビニへ行き、仮予約の番号をコンビニにある端末を操作して入力します。入力後には支払い番号が印刷されるので、レジへ提示して支払いを済ませチケットを受け取れば本予約となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *