人気がある尾瀬のバス旅行とは

全域が国立公園になっていて豊かな自然環境が人の手によって守られている尾瀬は、バス旅行先としても人気のエリアです。

ミズバショウやニッコウキスゲなどが群生しているこの湿原は、日本百景にも選定されていて、湿原に生える植物が群生する美しい景色を見ることができるとして人気があります。東京から車で行くと5時間から6時間くらいかかりますが、他では見ることができないような湿原特有の風景の中、ハイキングや登山をすることができるのも人気の理由です。鉄道で行くことができない尾瀬はバスに乗っていく人が多い場所です。

目的地となるミズバショウなどの植物が見られる湿原へは、いくつかの登山口から2時間以上歩いて行きます。それぞれの登山口までは車を使っていくことになりますが、規制があるため自家用車では行くことができない登山口もあるので、尾瀬はバスで行く人が多いのが特徴です。訪れる人が多い沼の周囲には至仏山や燧ヶ岳をはじめとした2千メートル級の山があり、登山をすることもできます。

山登りを趣味としている人や、何度も訪れたことがあるため奥地まで行ってみたいという人は、尾瀬のバスツアーでも時間的に余裕があるコースを選ぶことで、山まで行く事ができるでしょう。深夜に東京から出発するコースを選べば、明け方には登山口に到着し、ハイキングを始めることができます。8時間から9時間も現地で過ごすことができるので、山登りや湿原の奥のほうまで行くことが可能なので、じっくり楽しみたい人に人気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *