尾瀬にバスで行くツアーのメリット

群馬や新潟・福島まで広がる大きな湿原である尾瀬はバスで行く人が多い場所です。

現地は高地にある盆地となっていて、あたりは2千メートル級の山に囲まれています。そのため鉄道は通っていないので、現地まで電車で行くことはできません。最も近い鉄道駅からは徒歩で行くことは難しいので、多くの場合には車で行くことになります。もちろん自家用車で行く人もいますが、尾瀬はバスで行く人が多い理由には、自家用車の進入が制限されている場所があるためです。観光の目的となることが多い湿原に行くには、いくつかある登山口のどこかから2時間以上歩いて行くことになります。

しかしこれらの登山口には自分の車では行けないところもあり、そんな自家用車で行けない登山口に行くには、途中で車を乗り換える必要があります。自家用車で行くことができる登山口は、東京方面からだと利用しにくいため利用者も少ない傾向にあるのが特徴です。このように楽に行くことができるというメリットがあるのが、尾瀬にバスで行く人が多い理由となっています。

そのほかにも尾瀬にバスで行くツアーを利用すれば、東京から5~6時間かけて移動する車内では、寝て過ごすこともできるほか、車を自分で運転することがないためビールを飲みたい人も飲むことができ、楽しく旅行をすることができるというのが挙げられるでしょう。しかし1人で行きたいからツアーは参加しにくい、という人もいるかもしれません。尾瀬行きのバスを使ったツアーは1人で参加することができるプランも多くあり安心して参加可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *