スノボー旅行のウエアの下には薄手の動きやすい服を

冬の足音が近づくにつれて、ウィンタースポーツの旅行計画を立てるのも楽しみになりますし、スノボーデビューを目指す人は毎年多いです。

旅行に向けてスノボーウェアを購入したものの、その下に何を着るかは悩みます。ゲレンデは基本的に都会ではなく山の中にあるので、都心部のように必要なものが、すぐに入手できる環境ではありません。ゲレンデで必要なものは旅行前に購入するなど、準備をしておくことが肝心です。

雪山で行うスポーツなので、寒いイメージがある半面で、滑れば熱くなるため、中は薄手が良いのかなど悩みます。ウェアの下に着用をする服は、薄手を選ぶことであり、その方が動きやすいためです。ゲレンデは雪山なのでとても気温は低いですが、スノボーをはじめると体温が上がります。厚着をしたままスポーツを続けると、発汗量も同時に上がりますが、動きが止まれば今度は、汗により身体を冷やすばかりです。

身体が冷えれば風邪をひいてしまいますし、厚着をすると動作がある程度制限されてしまいます。スノボーウェアの下には薄手の衣類を着用するようにして、ゲレンデ柄の可動性を優先させることです。ファーストレイヤーは下着やTシャツであり、選ぶ際のポイントは、吸湿性と速乾性があることを重視します。セカンドレイヤーはトレーナーやパーカーが適しており、簡単に温度調節のできるような、前を開けることのできる衣類を選ぶことです。ポリエステルやウールなど、化学繊維などは適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *