スノボーを旅行で楽しむ

かつてスキー場のゲレンデはスキー客とスノボー客との共有の時代で、少なからずリフト待ちでの混雑やゲレンデでのちょっとした両者間のトラブルなどもあり、冬のレジャーの代表格であるスキー場の来場者数が低迷していた時代があったものです。

その状況がスキー場の工夫によって改善されるようになったのです。それはそれまで共用であったゲレンデ全体の中の一部をスノーボード専用のゲレンデにするというものです。この方法は画期的なもので、両者が互いのレジャーをそれぞれのスタイルで満喫することができるようになったのです。このことがあってスキー場は再び活気を取り戻し、スキー場への来場者が増加し始めブームの再来の時代を迎えるようになっています。

スノボー旅行を楽しむ学生たちも増えてきており、気の合ったメンバーたちが自家用車に乗り合わせて小旅行気分で出かけています。このスノボー旅行で人気となっているのが、長距離バスを利用したツアープランです。自家用車ですとドライバーに身体的にも精神的にも負担をかけてしまうこともありますが、長距離バスを利用するとシートでくつろぎながら移動してメンバーたちが精神的にもリラックスした状態でスキー場まで行くことが可能なのです。

学生たちに人気のもう一つの理由はパックなのでバス料金とリフト券がセットになっており、経済的に安価で利用することが出来るということも挙げられます。帰り道もバスなので、安心して帰途につくことが出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *