ファクタリングについて

投稿日:

ファクタリングとは、売掛債権を担保に入れて融資を受けることです。商習慣上、特に法人間の取引においては、商品やサービスが売れてもそれと同時には代金が支払われないことがあります。先に納品を行い、それと並行して請求書を発行して、実際に銀行振り込みなどの形で代金が納入されるのは1か月後とか2か月後、場合によってはさらに後ということさえあるでしょう。このように、商品やサービスが売れた後、代金の入金を待っている状態というのは売掛債権が発生しているということができます。

法人間の取引ではごく普通ですが、個人に対して販売した場合であっても、現金払いであればともかく例えばクレジットカード払いのときには同様に売掛債権が発生している状態と言えます。言うまでもなく、代金が実際に支払われるまでの間も運転資金は必要でしょう。そこにファクタリングの存在意味があります。つまり、この売掛債権を担保にして融資を受けることができるわけです。

もちろん融資ですから金利はかかりますし、期日が来れば返済しなければならないのは当然ですが、商品が数多く売れたけれどもその代金が入らず、むしろ多く売れたために販売員の人件費とか仕入れ代金が多くかかってしまい逆に苦しい状況に追い込まれるといったことを回避できるのがファクタリングの特徴です。あくまでも本業によって生じた債権を担保に入れるわけですから背伸びをするような融資を受けることが原理的にできないという点でも堅実です。ファクタリングのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です